GMタイガーです。売れねえなあ。


まずは恒例の前回の私の記事にコメントを下さった方へのお返事コーナー。


Ayum さん

ありがとうございます。
そして私の配慮が足りずこっぱずかしい思いをさせてしまってすみません。
確かにコメントする側からすれば全文載せられるとちょっと嫌ですよね。
今後はお名前のみって感じで大丈夫でしょうか。

それにしても最初Ayumさんが何を言っているのかわからなかったのですが、
GM龍神に聞いてやっとわかりました。
○○○ン○○○○のことだったんですね。

全部想像で言ってるのかと思ってあまりの想像力に圧倒されてしばらく気絶してしまいましたよ。


ぱっそぷっち さん

ありがとうございます。
かっこいいのお好きですか?私もかっこいいの好きです。
そのうちかっこいいSS特集でもやろうかな。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ほい、では本題に入りますか。

まあ最近は夏も近づいてきたということで暑い日が続いておりますなあ。
ということで禁断のあのテーマに踏み込んじゃいましょうか。


え?どのテーマって?


POS怪奇現象特集さ


禁断なのさ


なのでここからは目を悪くしない程度に部屋を薄暗くしてご覧いただこうか・・・
目を悪くしないように・・・・


さて、まず言っておかねばならないことは
このプライドオブソウルという世界には守護者である諸君でさえ気が付かないような
恐ろしい怪奇現象がいくつも存在するということである


九霊族の陰謀や邪気に染まった歴史上の偉人、モンスターたちも確かに恐ろしいが、
本当の恐怖とは日常の中の普段は気が付かない所に潜んでいるものなのだ


それをご理解いただいた上で今からお見せする数点の写真をご覧いただきたい


でははじめよう

POS怪奇現象特集、開幕........
目を悪くしないように......



さあ、まずは一枚目の写真をご覧いただこう
龍虎の山、伏魔殿付近にて撮影したものである

お分かりいただけただろうか

露骨に何かいるのである
このときタイガーは背後の存在に全く気が付かなかったのだが、
いくらなんでも映りこみすぎではないだろうか
あまりにも強すぎる怨念が霊の姿をこれほどまでにはっきりと見せているのか......?


一体この井戸で過去に何があったというのだろうか.........



さあ、続いての写真をご覧いただこう
時空の都、玄陽城にて撮影したものである

お分かりいただけただろうか

後頭部から下半身が生えているのである
このような光景をかつて皆さんは見たことがあるだろうか
炎黄一族の本拠地である玄陽城の守り神として存在する狛犬に霊が憑りつくなど
あってはならない事態である
そしてこの下半身からは何かとてつもなく強大な怨念を感じるのは私だけか......


近道をしたい気持ちが強すぎて狛犬を通り抜けようとした結果
抜け出せなくなってしまった男の地縛霊だとでもいうのだろうか..........



続いての写真をご覧いただこう
とあるマップのとある池にて撮影に成功したものである

何だこの魚は
前後に謎の図形が付属しているのである
魚の行く手を阻むかのように存在するこの図形は一体何だというのか
その上実はこの図形魚(食用)、なんとあらゆる時代のあらゆる池に存在するのである


この魚に恨みを持つ図形による永遠の復讐だとでもいうのだろうか..........



さあ、そして続いての写真をご覧いただこう
ある時代のある場所にて偶然撮れたものなのだが......

ドッペルゲンガーである
ドッペルゲンガーとは自分と同じ姿をしたもう一人の自分のことであり、
ドッペルゲンガーを見たら死ぬ、などという言い伝えもある現象である
しかしまさか同じ場所に10人も現れるとはただ事ではない
もはや本体がどれかもわからないではないか

しかしよく見ると彼らが必死に何かを訴えようとしているように見えるのは私だけであろうか
ドッペルズは我々に一体何を伝えようとしているのか......


長平の戦で趙軍を倒すために故関に攻め入ってきた
秦軍の兵士たちだとでもいうのだろうか........



続いての写真をご覧いただこう
これは炎黄一族・龍軌の各時代での姿を写真におさめたものである



お分かりいただけたであろうか

いくらなんでもこき使いすぎである
彼の心には鬼でも住んでいるのだろうか?自分はほぼ棒立ち状態のくせに後輩を走り回らせ
完了の報告をしに行っても礼すらまともに言わず、すぐにまた走らせるのだ
信じられない男である
必要以上に後輩を走らせている間、彼は一体何を見て何を想っているのか......

バードウォッチングだとでもいうのだろうか..........



さあ、そしていよいよ最後の写真をご覧いただこう
これは23時に時空の都・天渦谷に出現するモンスターを撮ったものである
このとき時刻は23時15分......

守護者たちは何をやっているのか
何故誰一人として倒しに来ないのだろうか......
これほど巨大なモンスターが炎黄一族の拠点である時空の都に現れたのだ
恐るべき事態である
満を持して登場したモンスターもアホのような顔をしている
誰もいないから
この集団ボイコットは一体何を意味するのか......


ドロップアイテムに魅力がないとでもいうのだろうか..........



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、いかがだったであろうか
以上でPOS怪奇現象特集は終わりである

しかしここで紹介した怪奇現象などはあくまでほんの一部に過ぎない

プライドオブソウルの世界には未だ我々の知らない怪奇現象が
数多く存在するのである


そして次にその怪奇現象の目の当たりにするのは........




・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この馬かも知れない...........

急だけど・・・
完全に困って急に出したけど・・・・