まーたタイガーのやつ空で寝てるよ。


まずはKOMENTOOHENJIさせていただきます。


Ayum  さん
いやほんともうなんかほんともうなんていうかあれですごめんなさい。
AyumさんのSSどれも面白かったんです。 
ゆずりはさんのあの変な間違えたステキなSSが無ければAyumさんの選んでましたよ!

ホントよ!

アタシ嘘つかないわよ!(そりゃオネエにもなります)

そもそも一番悪いのは「人間だもの」などという世界最強の言い訳を作り出してしまった
みつをだと思うんです。
人間ならええんかいっちゅう話です。
ホントにしょうがない子です。

・・・・・もし良かったらまたお会いした時打ち上げてください。



ゆずりは さん
ありがとうございます。
あ・・・・・・そういえば、SSコンテストのテーマ「夏」でしたね。
あらら・・・・すっかり忘れていました。
なおさらAyumさんには申し訳ないことをしてしまった・・・・。


でもいいじゃないか。人間だもの。


げ!またみつを出てきた!
もうちょっとみつをはいい加減にしなきゃいけませんね。

それはともかく、改めてSS面白かったです。
正直最初は意味不明だったんですが、何度も見てるうちにだんだん好きになっちゃいまして。
コボちゃんとかフリテンくんとかそういうの思い出しました。

鍋が変な味に?これは難民の方々には申し訳ないことをしてしまいました。


でもいいじゃないか。人間だもの。


あっ、もうっ!みつを!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、ではですね、突然ですがここで、
POSあるあるをひとつ発表したいと思います。




『珍品商人が見つからねぇ。』




どうですこれあるあるでしょ?

そうなんですよ。珍品商人てやつはどこのマップにもいて普段よく見かける印象が強いんですが、
いざサブクエストなんかをやろうと思って探し出すと全然いねぇんですよ。
マップ画面のNPC項目にも名前ないですからね。

念のため説明しておくと珍品商人とはその名の通り珍品を売り歩いている商人のことで
珍品商人から買ったアイテムを使用することで称号を得られたりもします。
※一部を除いたあらゆるマップ(火炎の山、氷雪の谷、高田馬場など)に存在しています。

なので今回はこのGMタイガーが自ら守護者の皆さんのために
珍品野郎を探し出してその場所を教えてあげようってなことを考えてるわけです。

たまには役に立つ情報も書かないとね。


よし、ではさっそく行きますよ。
今回は初期のマップ、『黒馬の山』の珍品商人を見つけましょう。
ちなみに黒馬の山で珍品商人から買い取ったアイテムによりクリアできるサブクエストは

『香味焙煎』
『牛に捧ぐ調べ』
『壊れたら直しちゃお』
『中から焼き豚の良い香り』

の4つですよ。



はい、というわけで黒馬の山にやってきました。

ぱっと見た感じはいませんね。
だめだ、もう人に聞こう。
誰か知ってる人がいるかも知れません。


『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
『フーッフーッ』

『珍品商人、見ませんでした?』
『フーッフーッ』

『あの、珍品商人を・・・・』
『フーッフーッ』

『あの・・・・・・』

『・・・・・・・』ドサッ

あ・・・・・・・・・・・死んだ。

どういうことだ?珍品商人の話をしたとたん息が荒くなって急に倒れるなんて・・・・・。

何か珍品商人と関係が・・・・・?



うーん、まあいいか。とにかく他の人にも聞いてみましょう。


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
職人の章伍『家を修理するのには、たくさんの材料が必要なんだ。
そして力仕事をするためには、食料も。
必要なものがあり過ぎて一人で段取り仕切れない。人手が必要だ。』


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
銀泉家の女中『城仁はそんないい人間じゃありません。
2人のお嬢さま方には、1日も早く彼の正体に気付いてもらいたいものです。』


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
神秘の世捨人『もし天の決めた継承者が本当に劉邦なら、
私は彼を補佐して新しい世を創ることを誓おう。』




何だこいつら。



一切話がかみ合わねえじゃねえか。

これは一体どういうことだ?
なぜ誰もかれも珍品商人のことを聞くと話をそらそうとするのだろうか。

これは・・・・・GMとしての勘が言っていやがる・・・・・。
 
何か事件のニオイがするぜ。


こうなったら徹底的に珍品太郎を探し出すしかないようだぜ。


そしてタイガーはこの陰謀渦巻く黒馬の山を手当たり次第探索していったのだった・・・・・。
 
しかしそれでも珍品商人は姿を見せるどころかその影すらも現さず、
もはや見つけるのは不可能なのかと諦めかけたその時、
タイガーはついに見つけてしまったのだ。



こ、これはまさか・・・・・・

珍品商人の骨!?

なんということだ・・・・・・探していた珍品商人はすでに化石となっていたのだ。
珍品商人とは実は大昔から伝わる今や伝説上の存在だったようだ。

一気に訪れる脱力感・・・・・まさか今回の事件がこんな形で終わる事になるとは・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・いや、待て・・・・・何かがおかしいぞ・・・・・。
何だこの違和感は・・・・・・。


よく考えろ・・・・・・・・・・


珍品商人の・・・・・・


骨・・・・・?



・・・・・・・・・・・・・・・・・



根拠がねえ。


何てことだ。根拠がねぇじゃねぇか。
危なかった。危うく自分に騙されるところだった。
いきなり化石になってるわけがあるか。 

どうやらこの緊迫した状況に冷静さを失っていたようだ。
GMたるものどんな時も冷静に状況を見極める力を持たなければいけないからな。
頭を冷やしてもう一度始めよう。







そしてタイガーは再び珍品商人探しを始めるのだった。

しかしどこを探してもやはり珍品商人は見つからない。
溜まっていく疲労と苛立ち。
実は珍品商人などというものは初めからいなかったのではないか・・・・・?
そんな考えがふと頭をよぎったその時であった。

タイガーは衝撃的な映像を目の当たりにしてしまったのだ!

あ・・・・あれはまさか・・・・・


珍品商人ーーーーーー!!!!

何という事だ。珍品商人は既に何者かによってミイラにされていたのだ!
道理でこれだけ探しても見つからないわけだ。
まさか既に死んでいたなどとは思ってもいなかった。


待て、ならば犯人は一体誰だ?
どうせ九霊族だ。
おのれ九霊族め!罪もない珍品商人にまで手を上げるとは!
何て残酷な奴等だ!!


全員痩せこけろ!



・・・・・・・・・・・いや、ちょっと待て・・・・・。

何だこの違和感は・・・・・・・。 

何かひっかかるぞ・・・・・・・・・。

もう一度珍品商人の姿を見てみよう・・・・・。





かかしやないかい!

全くなんなんだ紛らわしい!ただのかかしではないか。
一体誰だこんなところにかかしを仕掛けたのは。

あー無駄な時間過ごした。


しかし、そのときふとタイガーの頭をある考えがよぎった。



・・・・・・・・まさか珍品商人がカモフラージュのためにかかしを・・・・・?



そうか、確かに簡単に見つかるようでは珍品商人としての価値が疑わしくなる。
だからこそのカモフラージュか!
そしてここにカモフラージュのかかしがあるということは!

珍品商人はこの近くにいる!!


フヒッヒヒー!!いよいよ近づいてきたぜ珍品ちゃんよー!

よーし!俄然やる気が出てきた!
こうなったら見つけるまで絶対に帰らないぜ!


おやぁ!?何やらさっそく怪しげなところに辿り着きブーメランですぞ?(意味不明)

そうか!珍品商人はここに捕らわれていたんだ。
だから今まで見つからなかったのか!
そしてあのかかしは珍品商人からのSOSサインだったんだ!
謎はすべて解けた!!さすがはみんなのGMタイガー!!


そして・・・・・・


うおー!!ついに見つけた珍品商人だー!!!


よし待ってろ!今助けるぞ!

よっしゃあ開いた!いやーホントあんた探すのに苦労し・・・・・

『助かったぁーーーご恩、一生忘れません!』
あれ!?ちょっと!どこ行くの!?

!?


消えた!?


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・そんなバカな・・・・・・・。
 

せっかく助けたと思ったのに・・・・・。
 

まさか消えるなんて・・・・・・。
 



これは・・・・・新たな事件発生か・・・・・?



いや・・・・・もうだめだ、疲れた・・・・・。

さすがにもう体力の限界だ。

このミステリーは思った以上に奥が深いようだ。
どうやらタイガーには荷が重いようですみなさんごめんなさい。

もう夕方か。

あーあ、みなさんのお役に立てると思ったのになー。
仕方がない、帰ろう。


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・




うわー・・・・・どうしよう・・・・・・

見なかったことにしてぇー。

こいつ普通に歩いてるよー。
今日一日なんだったんだよー。
 

化石とかミイラとか捕まってたとか・・・・・

もう何もかも金田一のせいだ!

私は決してピエロではない!
GMピエロではなーーい!!


・・・・・なーい・・・・・・・なーい・・・・・・なーい・・・・・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



えー、みなさん、というわけで黒馬の山の珍品商人『赤の丞』は無事見つかりました。
彼は山神廟~龍落村周りをうろついているようです。

キモイですね。

まあ気が向いたらまた別のマップでも珍品商人探しやるかも知れません。


では最後に顔面ドアップシリーズ第2弾。
今回は『龍軌のアニキ』です。
下から。

それではまた。GMタイガーでした。

カァーッ!ペッ!(吐)