プライドオブソウル 公式GMブログ

PC用オンラインゲーム、新ジャンル・空中戦闘型MMORPG『PRIDE OF SOUL -輪廻の章-(プライドオブソウル)』の公式ブログです。 このGMブログではプライドオブソウルのゲームマスター(GM)達が、 日記やプレイレポートなどをご提供します☆ このブログでプライドオブソウルに興味を持った方は、是非ゲーム内で爽快感溢れる空中戦闘をお楽しみくださいね。

GMタイガー

ゲームマスター(GM)達が、日記やプレイレポートをご提供します☆
イベントレポートも掲載していて、ゲーム内のSSを沢山公開しています。
プライドオブソウルに興味を持った方は、是非遊びに来てね(=゚ω゚)

【GMタイガー】ミステリー珍品商人


まーたタイガーのやつ空で寝てるよ。


まずはKOMENTOOHENJIさせていただきます。


Ayum  さん
いやほんともうなんかほんともうなんていうかあれですごめんなさい。
AyumさんのSSどれも面白かったんです。 
ゆずりはさんのあの変な間違えたステキなSSが無ければAyumさんの選んでましたよ!

ホントよ!

アタシ嘘つかないわよ!(そりゃオネエにもなります)

そもそも一番悪いのは「人間だもの」などという世界最強の言い訳を作り出してしまった
みつをだと思うんです。
人間ならええんかいっちゅう話です。
ホントにしょうがない子です。

・・・・・もし良かったらまたお会いした時打ち上げてください。



ゆずりは さん
ありがとうございます。
あ・・・・・・そういえば、SSコンテストのテーマ「夏」でしたね。
あらら・・・・すっかり忘れていました。
なおさらAyumさんには申し訳ないことをしてしまった・・・・。


でもいいじゃないか。人間だもの。


げ!またみつを出てきた!
もうちょっとみつをはいい加減にしなきゃいけませんね。

それはともかく、改めてSS面白かったです。
正直最初は意味不明だったんですが、何度も見てるうちにだんだん好きになっちゃいまして。
コボちゃんとかフリテンくんとかそういうの思い出しました。

鍋が変な味に?これは難民の方々には申し訳ないことをしてしまいました。


でもいいじゃないか。人間だもの。


あっ、もうっ!みつを!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、ではですね、突然ですがここで、
POSあるあるをひとつ発表したいと思います。




『珍品商人が見つからねぇ。』




どうですこれあるあるでしょ?

そうなんですよ。珍品商人てやつはどこのマップにもいて普段よく見かける印象が強いんですが、
いざサブクエストなんかをやろうと思って探し出すと全然いねぇんですよ。
マップ画面のNPC項目にも名前ないですからね。

念のため説明しておくと珍品商人とはその名の通り珍品を売り歩いている商人のことで
珍品商人から買ったアイテムを使用することで称号を得られたりもします。
※一部を除いたあらゆるマップ(火炎の山、氷雪の谷、高田馬場など)に存在しています。

なので今回はこのGMタイガーが自ら守護者の皆さんのために
珍品野郎を探し出してその場所を教えてあげようってなことを考えてるわけです。

たまには役に立つ情報も書かないとね。


よし、ではさっそく行きますよ。
今回は初期のマップ、『黒馬の山』の珍品商人を見つけましょう。
ちなみに黒馬の山で珍品商人から買い取ったアイテムによりクリアできるサブクエストは

『香味焙煎』
『牛に捧ぐ調べ』
『壊れたら直しちゃお』
『中から焼き豚の良い香り』

の4つですよ。



はい、というわけで黒馬の山にやってきました。

ぱっと見た感じはいませんね。
だめだ、もう人に聞こう。
誰か知ってる人がいるかも知れません。


『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
『フーッフーッ』

『珍品商人、見ませんでした?』
『フーッフーッ』

『あの、珍品商人を・・・・』
『フーッフーッ』

『あの・・・・・・』

『・・・・・・・』ドサッ

あ・・・・・・・・・・・死んだ。

どういうことだ?珍品商人の話をしたとたん息が荒くなって急に倒れるなんて・・・・・。

何か珍品商人と関係が・・・・・?



うーん、まあいいか。とにかく他の人にも聞いてみましょう。


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
職人の章伍『家を修理するのには、たくさんの材料が必要なんだ。
そして力仕事をするためには、食料も。
必要なものがあり過ぎて一人で段取り仕切れない。人手が必要だ。』


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
銀泉家の女中『城仁はそんないい人間じゃありません。
2人のお嬢さま方には、1日も早く彼の正体に気付いてもらいたいものです。』


タイガー『すいません、このあたりで珍品商人を見ませんでしたか?』
神秘の世捨人『もし天の決めた継承者が本当に劉邦なら、
私は彼を補佐して新しい世を創ることを誓おう。』




何だこいつら。



一切話がかみ合わねえじゃねえか。

これは一体どういうことだ?
なぜ誰もかれも珍品商人のことを聞くと話をそらそうとするのだろうか。

これは・・・・・GMとしての勘が言っていやがる・・・・・。
 
何か事件のニオイがするぜ。


こうなったら徹底的に珍品太郎を探し出すしかないようだぜ。


そしてタイガーはこの陰謀渦巻く黒馬の山を手当たり次第探索していったのだった・・・・・。
 
しかしそれでも珍品商人は姿を見せるどころかその影すらも現さず、
もはや見つけるのは不可能なのかと諦めかけたその時、
タイガーはついに見つけてしまったのだ。



こ、これはまさか・・・・・・

珍品商人の骨!?

なんということだ・・・・・・探していた珍品商人はすでに化石となっていたのだ。
珍品商人とは実は大昔から伝わる今や伝説上の存在だったようだ。

一気に訪れる脱力感・・・・・まさか今回の事件がこんな形で終わる事になるとは・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・いや、待て・・・・・何かがおかしいぞ・・・・・。
何だこの違和感は・・・・・・。


よく考えろ・・・・・・・・・・


珍品商人の・・・・・・


骨・・・・・?



・・・・・・・・・・・・・・・・・



根拠がねえ。


何てことだ。根拠がねぇじゃねぇか。
危なかった。危うく自分に騙されるところだった。
いきなり化石になってるわけがあるか。 

どうやらこの緊迫した状況に冷静さを失っていたようだ。
GMたるものどんな時も冷静に状況を見極める力を持たなければいけないからな。
頭を冷やしてもう一度始めよう。







そしてタイガーは再び珍品商人探しを始めるのだった。

しかしどこを探してもやはり珍品商人は見つからない。
溜まっていく疲労と苛立ち。
実は珍品商人などというものは初めからいなかったのではないか・・・・・?
そんな考えがふと頭をよぎったその時であった。

タイガーは衝撃的な映像を目の当たりにしてしまったのだ!

あ・・・・あれはまさか・・・・・


珍品商人ーーーーーー!!!!

何という事だ。珍品商人は既に何者かによってミイラにされていたのだ!
道理でこれだけ探しても見つからないわけだ。
まさか既に死んでいたなどとは思ってもいなかった。


待て、ならば犯人は一体誰だ?
どうせ九霊族だ。
おのれ九霊族め!罪もない珍品商人にまで手を上げるとは!
何て残酷な奴等だ!!


全員痩せこけろ!



・・・・・・・・・・・いや、ちょっと待て・・・・・。

何だこの違和感は・・・・・・・。 

何かひっかかるぞ・・・・・・・・・。

もう一度珍品商人の姿を見てみよう・・・・・。





かかしやないかい!

全くなんなんだ紛らわしい!ただのかかしではないか。
一体誰だこんなところにかかしを仕掛けたのは。

あー無駄な時間過ごした。


しかし、そのときふとタイガーの頭をある考えがよぎった。



・・・・・・・・まさか珍品商人がカモフラージュのためにかかしを・・・・・?



そうか、確かに簡単に見つかるようでは珍品商人としての価値が疑わしくなる。
だからこそのカモフラージュか!
そしてここにカモフラージュのかかしがあるということは!

珍品商人はこの近くにいる!!


フヒッヒヒー!!いよいよ近づいてきたぜ珍品ちゃんよー!

よーし!俄然やる気が出てきた!
こうなったら見つけるまで絶対に帰らないぜ!


おやぁ!?何やらさっそく怪しげなところに辿り着きブーメランですぞ?(意味不明)

そうか!珍品商人はここに捕らわれていたんだ。
だから今まで見つからなかったのか!
そしてあのかかしは珍品商人からのSOSサインだったんだ!
謎はすべて解けた!!さすがはみんなのGMタイガー!!


そして・・・・・・


うおー!!ついに見つけた珍品商人だー!!!


よし待ってろ!今助けるぞ!

よっしゃあ開いた!いやーホントあんた探すのに苦労し・・・・・

『助かったぁーーーご恩、一生忘れません!』
あれ!?ちょっと!どこ行くの!?

!?


消えた!?


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・そんなバカな・・・・・・・。
 

せっかく助けたと思ったのに・・・・・。
 

まさか消えるなんて・・・・・・。
 



これは・・・・・新たな事件発生か・・・・・?



いや・・・・・もうだめだ、疲れた・・・・・。

さすがにもう体力の限界だ。

このミステリーは思った以上に奥が深いようだ。
どうやらタイガーには荷が重いようですみなさんごめんなさい。

もう夕方か。

あーあ、みなさんのお役に立てると思ったのになー。
仕方がない、帰ろう。


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・




うわー・・・・・どうしよう・・・・・・

見なかったことにしてぇー。

こいつ普通に歩いてるよー。
今日一日なんだったんだよー。
 

化石とかミイラとか捕まってたとか・・・・・

もう何もかも金田一のせいだ!

私は決してピエロではない!
GMピエロではなーーい!!


・・・・・なーい・・・・・・・なーい・・・・・・なーい・・・・・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



えー、みなさん、というわけで黒馬の山の珍品商人『赤の丞』は無事見つかりました。
彼は山神廟~龍落村周りをうろついているようです。

キモイですね。

まあ気が向いたらまた別のマップでも珍品商人探しやるかも知れません。


では最後に顔面ドアップシリーズ第2弾。
今回は『龍軌のアニキ』です。
下から。

それではまた。GMタイガーでした。

カァーッ!ペッ!(吐)


【GMタイガー】人々のぼやき~BOYAKI OF HITOBITO~


今日は深海の気分。


どうも、GMタイガーです。


まずはコメント返しの儀を。

Ayum さん
ありがとうございます。
そうですよね、やはり純粋に自分が良いと思ったものを選ぶべきですよね。
気を使うのも大事ですが時には自分の気持ちに正直になることも必要なんですね。
な?みつを。



みつを?



おい、みつを!



・・・・・・・・これは、みつをじゃない。



ウーロン茶だ。
これみつをじゃなくてウーロン茶だ。
じゃあみつをはどこだ。

最初からいねえよ。

ん?



かしゆか さん
ありがとうございます。

え?ダメージが表示されてない?
やだなあ、何をおっしゃっているんですか。
あんなにはっきりと保護色で表示されてるじゃないですか。

・・・・・・うわ!わかりづれぇ!!

確かにわかりづらいですね・・・・・。
でも正直言うとあの吹っ飛んでる瞬間を撮るために何度もタートルに殺されて
あのSSになるまでに結構苦労したんですよ。(これ内緒ね)
だからそこまで気が回らなかったと言いますか何と言いますか・・・・・。

しかしかしゆかさん、イベントのときは誰よりも率先して
モンスター殺戮してましたねぇ。

へへ、恐ろしいお人だぁ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、今回はですね、あれの第2弾をやりましょう。
聞き耳を立ててみようのコーナー。

はい、これはですね、以前一度ブログで取り上げたんですけど、
各マップにいる本筋とは関係のない一般人の会話に
聞き耳を立ててみようのコーナー
です。

ちなみに第1弾の聞き耳を立ててみようのコーナー
はこちらです。
http://blog.x-legend.co.jp/archives/27952650.html


前回の聞き耳を立ててみようのコーナー
は第1弾というのもあって時空の都編ということでお送りしましたが、
今回の聞き耳を立ててみようのコーナー
『黒馬の山』『黄土の地』編でいきましょう!

ではさっそく聞き耳をああそういえば何で今回は一度に2つのマップなのかというと、
今回の両マップにいる人々が時空の都の人々に比べてあまりしゃべらないので
ネタが足りなくなってしまうからです。仕方ありませんね。


ということで聞き耳をあ、あと別に出現しうる全ての会話を取り上げている
わけではありませんのでご了承ください。


では聞き耳をそうそう、誤字とかあったらごめんなさいね。


聞き耳を前回いくつか誤字があったもので。


立ててやっぱり誤字があるとぶれちゃいますもんね。


立ててみ自分でもなるべく気をつけますので
もう始めるね!!



じゃあまずは『黒馬の山』から。
こちらの会話に聞き耳を立ててみましょう。

山神廟の白松、白檀、礼市の会話。

白檀:礼市のところの品物は悪くない。着心地はいいし値段も手頃だ。
礼市:オホホ、褒めていただき恐縮でございます。私めは代々行商の家系。誠実をモットーとし、お客さまを騙したりしません。
白松:あなたに会えて助かった。でなければこんな片田舎、どこで着替えを探せばいいのかわかりませんでした。
白檀:そうなんです。私達はいいのです。服が破れていようが汚れていようが着られればそれで。でも奥様を私たちと同じ目には遭わせられません。
礼市:ここにあるのは綿の服だけ。そちらの奥様がお召しになるかどうか…
白松:奥様は清潔な服であればそれでいいとおっしゃっています。このような時に多くを求めたりはいたしません。


はい、もういいです。まだ続きますが長いので。

とりあえずここに注目。
『奥様は清潔な服であればそれでいいとおっしゃっています。このような時に多くを求めたりはいたしません。』


ウソをつくな。

これがこのような時に多くを求めたりしない人が着る服か。
清潔であれば何でもいいと妥協した結果がこれか。

何ネーゼだお前は!

いいか。多くを求めないのなら

着るな。


あと礼市笑い方キモイ。



さあ続いては同じく黒馬の山から。

X:157 Y:165付近の農夫と漁夫の会話。

漁夫:ほら、大きな魚があんなに高く跳ねてる。すごく楽しそうだ。
農夫:そうとも言えないな。学のある者達がこんなことを言っているのが聞こえた。 「君は魚じゃないのにどうして魚が楽しいかどうかがわかるのか」ってね。
漁夫:認めるよ。確かにあの魚が今楽しいかどうかなんてわからない。でももうちょっとしたら必ず不愉快になることだけはわかるさ。
農夫:どうしてわかる。魚を占ったわけじゃないだろう?
漁夫:魚を占うことは出来ないけど、釣ることはできる。もし食べられてしまったらそれでもあの魚が楽しんでいられるとは思わないね。


ねえねえ、その魚ってさ、



こいつ?


出た!呪われ四角フィッシュ! 詳細
そうなんですよ。この四角野郎ここにもいるんです。

まったく、あらゆる時代に現れやがって、
こいつ実は九霊族なんじゃねえかっつって。

しかし漁夫はこの魚を食べるつもりなんでしょうか。
四角ごと?


だとしたら・・・・・


う~ん、どうなんでしょうね・・・・・・


いや、わかんないですよ?


わかんないですけど



あれ多分硬いよ?



うん、相当硬いと思うんですよね。
人間の歯で噛み砕けるようなものじゃないんじゃないかなあ。
仮に食べられたとしても四角の呪いが今度は漁夫に乗り移って


◇漁夫◇


みたいなことになると思うんです。

四角ってコワイ。



続いては『黄土の地』いってみましょう。
まず聞き耳を立てるのはこの人。

桃源村をうろつく男の子。

男の子:うぉりゃーー!!



俺の方がうぉりゃーーーーーー!!!!!



はい、続いてまいりましょう。
続いてはこちら

桃源村、X:152 Y:55付近の村人と村の女の会話。

村人:で、で、出た!幽霊だ!
村の女:幽霊?どこどこ?何で見えないの?
村人:お、お前の後ろの井戸だよ!
村の女:井戸?…何もないわ!見間違えたんじゃないの?最近疲れてるから幻を見たんだよ。
村人:ち、ち、違うよ。い、今本当にいたんだ、ゆ、幽霊が!
村の女:ほら、言葉もどもるくらい疲れてるようね、早めに帰って休んだ方がよさそうね!


アホだなあ。幽霊なんているわけないのに。
村の女も言ってる通り疲れてるから幻を見ただけだっつーの。
そんな非現実的なものを怖がってる暇があったら将来の事考えろっつーーーーの。








ごめん普通にいたわ。







続いての聞き耳はこちら

桃源村、X:60 Y:147付近に隠れてる男の子。

男の子:へへへ、ここに隠れれば絶対誰にも見つからない。




男の子:あ…おしっこしたい。でもこんな時トイレに行ったら絶対見つかる。どうしよう?




男の子:あ!そうだ、河にすればいいんだ!あったまいい!







さあ、そして最後の聞き耳はこちら

荒れ果てた陣地で鍋を囲む難民。

難民:この鍋のお粥、いつになったら出来上がるんだ?おなかぺこぺこだよ…
難民:もうすぐだよ。ほら煙が出続けてるだろう、もうすぐ食べられるさ。


よし、じゃあちょっと僕が味見をしてあげましょう。



あよいしょーい!



あ~~~~いいわこれ。



ゴク・・・・・ゴク・・・・・



うん、普通。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というわけで聞き耳を立ててみようのコーナー今回は第2弾でした。

いや~しかしネタ集めに根気のいる記事です。
その人がしゃべり始めるまでひたすら近くで待っていないといけないので。

「うぉりゃーー!」だけは何十回も聞きましたけどね。


では最後に顔面ドアップシリーズ第1弾。
今回は『馬小屋の前の老人』


・・・・・・・・・・・はい!


ではまた次回会いましょう。
◇GMタイガー◇でしたー。



【GMタイガー】悩みと死について


あ!!貼る画像間違えた!!



これだこれ。どうも、GMタイガーです。踏まないでね。


私は今からコメントのお返事をします。


Ayum さん
ありがとうございます。
はい、仙人の谷徘徊イベントの様子ですね。
イベントレポートってやつですよね。
そりゃあもちろんせっかくリクエストいただいたんでね、
今回の記事で取り上げようと思ったんですけどね。
SSはどこですかねえ?

ええ、撮ってたはずのSSがどっかいっちゃったんですね。
はい、どうぞ、お殴りください。
なので残念ながら画像はないんですが、でもせっかくなので
その時の様子をざっとあらすじ的な感じでお伝えしますね。


スピアさん「虎島で称号をゲットしましょう」
参加者A「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者B「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者C「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
タイガー「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
龍神「・・・・・・(様子を見ている)」


スピアさん「鶴島で卵をゲットしましょう」
参加者A「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者B「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者C「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
タイガー「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
龍神「・・・・・・(様子を見ている)」


スピアさん「二段ジャンプで木の上にいるタートルさんを見つけましょう」
参加者A「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者B「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
参加者C「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
タイガー「・・・・・・(無言でモンスターを殺戮)」
龍神「・・・・・・(様子を見ている)」
タートル「わっしょい」

こんな感じでした。まあワールドカップよりは盛り上がってたんじゃないでしょうか。
https://pos.x-legend.co.jp/notice/index.php?news_id=453&mode=2&news_type=4


さて、ところで最近ちょっと悩みがありましてね、
今あれやってますね。
『真夏のSSコンテスト』。
https://pos.x-legend.co.jp/notice/index.php?news_id=465&mode=2&news_type=4

まあ皆さんにぜひ参加してほしいんですが、
『GMタイガー賞』ってなんなんでしょうね?
何故タイガーだけ単独?
多分最終的に一番面白いと思ったSSを選ぶことになるんでしょうけど、
もし私がAyumさんのSSを選んだとしたら、

「何だよあいつ自分のブログにいつもコメントしてくれてるからってひいきしやがったな」
「不公平じゃ」
「痩せこけろ」
みたいなことになりゃしませんかねえ?

でもかといって他の人を選んだら、

「いつもコメントしてくれてるのにあの人(Ayumさん)かわいそう」
「タイガーは鬼じゃ」
「ひいきって思われたくないからわざと外したな痩せこけろ」

ってなりますよねえ?


これはどうしたもんでしょうか・・・・・
困りましたねえ・・・・・・う~ん・・・・・・
悩むところです・・・・・・・・・・


ちょっとどうするか考えるんでいい考えが思い付くまで
こちらをご覧になっていてください。

↓(下だよー)



GMタイガーの、これまでで最も屈辱的だった死に方ベスト5~!!!


はい、というわけで考えがまとまるまでGMタイガーの屈辱死を見て
時間をつぶしていただきますね。


まず第5位!

ヘンティー山脈でのトクトア戦。

ね。これひどいでしょ。
裸相手にあんなでかい斧使う?
素手ですよ私。唯一装備してるものはキセルですからね。

何だろう、男気がないのかなぁ。

だから正直この勝負、負けたとは思ってないんですよ。
実質タイガーの勝ちみたいなところありますよね。

だってあんな自分に圧倒的有利な状況で勝ったって
それって勝ちってことにはならないじゃないですか?



まあ泣きましたけどね。



はい続いて第4位!

蜂にやられたとき。


ええ、まあ、油断ですよね。

プライベートで溜まった鬱憤をザコ相手にぶちまけてやろうと思って
大量に相手したらこうなったんです。

こんな初期のモンスターに殺されてさすがにへこみましたけど、
でもよくよく考えたら蜂相手に勝ちも負けもないですよね。

だから実際は負けたってことにはならないでしょう。
どちらかといえばタイガーの勝ちなんじゃないですかね。



まあ泣きましたけどね。



では続いて第3位!

瑯邪の海辺で水蜥獣人に殺されたとき。

違うんですよ。これはね、完全に不意打ちなんです。

これね、私が恒例の海辺で黄昏タイムに入っていたらね、
いきなり。いきなりですよ。後ろからゴン!!って。

「お前そんなキャラじゃねえだろ」って。

オレそんなキャラじゃ!!!


え?違いましたっけ?

まあとにかく完全に不意打ちだったのでそもそも勝負以前の問題なわけです。
卑怯なヤツですわ。


泣きましたよそりゃ。



続いて第2位!

溶岩の滝で尖石岩怪に殺されたとき。

これはね、SS見ていただければわかると思うんですけど、
死亡から火葬までが早すぎるでしょ。

やられたーとか悔しいーとか思う間もないじゃないですか。

え?じゃあそんなところで戦うなって?

そもそも何で戦うの?


これは別に泣いてないです。



さて、ではいよいよ第1位の発表です。
GMタイガーのこれまでで最も屈辱的だった死に方第1位は・・・・

GMタートルと決闘して殺されたとき。

ついこの間ね、そろそろ決着つけようかってことで
仙人の谷に呼び出したんですよ。

で、まあ当然タイガーは男気のカタマリなんで、
裸一貫、素手での勝負をするつもりだったんです。

そしたらね、タートルの奴がっつりGM装備つけてきやがって。
SSのダメージ見て下さいよ。

24717ですよ。

もうね、逆に気持ちいい。

気持ち良すぎてつい認めちゃいましたよ。『私の負けです』って。


一週間後くらいに泣けてきましたね。



以上、GMタイガーのこれまでで最も屈辱的だった死に方ベスト5でした~。





さて、冒頭でちょっと書いたSSコンテストの件なんですが、
みんなが私の死に姿を見ているうちに考えがまとまりましたよ!

GMタイガー賞にAyumさんを選ぶべきか、他の人を選ぶべきか・・・・・・・・



私の至った結論はですね、
『生きてるって素晴らしい』

ってことですね。


母なる大地、花の香り、力強い木々、大いなる海。
人と人との、ふれあい。

生きてるって、こんなにも素晴らしいことなんだなあ・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おつかれしたー。

【GMタイガー】ある新守護者の冒険


皆さんこんにちは。

僕は今日初めて炎黄一族に加わった新人守護者です。
武器は槍です。

この世界のことは右も左もわからない未熟者ですが
どうぞよろしくお願いします!

この先一体どんな冒険が僕を待っているのだろうか…。


というわけで早速冒険の始まりです。


まず最初は仙人の谷からですね。
黒竜さんや千景さんと会っていろいろ話聞き~の、
クエストクリアしていき~のって感じ?(笑)


それにしても景色の綺麗なところだな~。
せっかくだから記念に写真でも撮ってみようかな。


う~ん、癒されるなぁ~。


ん?何だろう。何やら視線を感じるような・・・・・・

・・・・・・・・・


・・・・・・・・・え?


・・・・・・・・・え?



うわあああああああああああ!!!





何かいたあああああああああ!!!




『・・・・・・・・』





・・・・・あ~びっくりした・・・・。

さっきのはいったい何だったんだ・・・・。

他の守護者さんかな・・・・・。

何であんなところに・・・・。




・・・・まあいいや。そんなことよりも冒険の続きだ。

とりあえず仙人の谷のクエストを一通り終えると次は過去の仙人の谷にワープして
炎黄一族と九霊族の因縁を直接確かめることになります。


う~ん、凄まじい光景ですね。
あの美しい仙人の谷がこんなことに・・・・・。


ん?


・・・・何か・・・・・左の方に違和感が・・・・・


・・・・・・・・・・


・・・・・・・え?・・・・・・


・・・・・・・え?・・・・・・・


うわあああああああああああ!!!!!




燃えてるううううううううううううう!!!!!





・・・・・・・・・何?・・・・・・

何あれ・・・・・

え、もしかして僕つけられてる?

・・・・・いや!そんなバカな。ただの見間違いだよね。

気にしない気にしない。緊張のせいだきっと。


よし!気持ちを切り替えて冒険を続けよう!


そして過去の仙人の谷での役割を終えると今度はいよいよ守護者たちの本拠地、
時空の都に行くことに。
そこでまずは炎黄一族の君主と会う必要があるみたいです。


ここが君主のいる時空の都の玄陽城。

でっかいな~。いかにも偉い人がいるって感じ。


・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・。


いやいや・・・・・・・。


もういいって・・・・・・・・・。


コイツ何なんだよおおおおおおお!!!!


何でずっと見てんだよー!!!


ちょっと!何なんですかあなた!!一体何のつもりですか!?


『・・・・・・・・』


何も言わねえよー!!!
コイツ何も言わねえよー!!!


もういい!!気にしない!!気にしないぞ!!!
勝手にすればいい!!
僕は自分の冒険を続けるんだ!!


続きだクソッタレ!!



それでぇ!?俺はこの後どこで何をすればいいんだ女ぁ!!!


あ、すいません。
ちょっと頭に血が上っちゃいまして・・・。

あ、黒馬の山ですね。了解です。




というわけで黒馬の山にやってきました。
まずは先輩・暁弥さんの指示に従ってクエストを攻略してくわけですが・・・・・


・・・・正直気にしないつもりだったけどやっぱり気になってしまう・・・・。


・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・



よかった。どうやらここまでは来ていない・・・・・


うわああああああああああ!!!!!




助けてーーー!!

助けて君主ーーー!!!

何でやねん!!!!!



コイツ何がしてえんだよおーーーー!!!!!!




『・・・・・・・・』



タイガー『やれやれ』
彩姫『やれやれじゃナーイ』




はい、というわけでGMタイガーなわけですけども。

新守護者を優しく見守ってるつもりが逃げられてしまいましたね。
まあ失敗は誰にでもあるっちゅうことで。

実際はこんな変態じみた追跡はしませんので
みんな良かったらPOS始めてみてね。

何だこの記事。



えー、それじゃあ、忘れてはならない
コメントお返事コーナー。


Ayum さん
ありがとうございます。
昨日全ハリウッド女優に告白したんですけど、全員にフラレました。
何でですかねえ?
血まみれだったのがいけなかったのかなあ。

そしてこの間の違和感イベントにご参加ありがとうございました。
仙人の谷観光イベントのときは昼寝中だったんですね。
もったいない!
みんなで仙人の谷のモンスター片っ端から殺戮していったんですよ。
わりと無言で。

次回イベントのときもぜひご参加くださいねー。


 

【DJタイガー】YEAH


GMタイガーは雲になりました。



えーと、前回の記事にコメントを下さった方々に返信させていただきます。



Ayum さん

ありがとうございます。
Ayumさんのブログ面白いですね。
リアル風邪ですか?風邪のときはあったかくしてお茶でうがい?
あとネギで首を絞める?くらいしか知識ないです。
お大事にでございます。


そしてあの宇宙一しょうもない問題に答えていただけるなんて…。
「いつか本気出す橋」ですと?
つまりあの橋を造った大工さんは手加減をして造っていたんですね。
よくないねぇ。
職人がそんなだから落下するバカが出てくるのにねぇ。

ちなみに正解というか(別に正解ではないけど)、私が考えた名前は↓で発表します。


ぱっそぷっち さん

ありがとうございます。
でもどうして?どうしてなの?
どうしてハードルを上げてしまったの?
この世で最も上げてはいけないもの、「ハードル」を。

おのれぱっそぷっちさんめ!!

そして上がったハードルを越える自信がないタイガーは
若干趣向を変えたテーマでお送りするという賢い方法を選択したのだった。(賢いぞ!)

なので今回は別に面白いとかそういうのじゃないですからね~。
フェ~イ。





さ~て、ではですね。
前回の記事でついにやってしまった問題丸投げパターンなんですが、
正解というか(別に正解ではないけど)、私が考えていた答えを発表します。


問題は私GMタイガーが↓の瑯邪城はずれの橋に何と名前をつけたでしょう?
というものなんですが、

これですね。ステキですね。

えー、では発表します。
私がこの橋につけた名前は・・・・・・



『軍手』。です。



・・・・・あのですね、ちょっとひとつ謝らなければいけないことがありまして、
実はですね、答えだけメモで残しておいて、上の答えに至るまでの経緯を
忘れてしまったんです。

何で軍手にしたんだっけ・・・・・。


・・・・申し訳ありません。


まあとりあえずそういうことで。


今回もよろしくお願いします。


えー・・・・・・


よろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~(気持ち切り替えの線)~~~~~~~~~~~~~


よっしゃあ!
それじゃあ本題に入るぜ!

今回はアレをやるぜ!
前から予告していた『かっこいいSS特集』だぜ!

この企画のためにタイガーが神経すり減らして撮影した
選りすぐりのかっこいいSSをお披露目するんだぜ!





オエェ!!



吐いたぜ!




だからもしもみんながかっこいいものを見るとシビレちまうようなタイプだとしたら
今回は間違いなくみんなノックアウトだぜ!

つまり今回は別に面白さとかじゃなくて、あくまでかっこよさで勝負ということだぜ!
どうだぱっそぷっちさんめ!

よし、じゃあ下らない前置きはこの辺にして、早速行ってみようぜ!
DJタイガーによるハートビートでホットな時間が始まるぜ!



オーエェ!!



吐いたぜ!



まずはエントリーNo.1
『時空の都のバッドボーイズ』


”着すぎの刀磨””無着衣のタイガー”兄弟だぜ!
時空の都でこの悪童二人を知らない奴はいないんだぜ!

玄陽城の階段をオリーブオイルまみれにしたり
崖のすれすれのところに立ってる月華さんを突き落としたりしてるぜ!


シビレるぜ!



続いてエントリーNo.2
『ジャイアントバトル』

この世で最も豪快な戦いだぜ!

戦う理由?そんなものはないぜ!

「出会っちまったら殴るしかねえ」。
それがこいつらのプライドオブソウルだぜ!
(だけど女にゃちょっぴり弱いぜ)


せっかくだから俺も参加してやるぜ!

3秒ももったぜ!


ロックだぜ!



続いてエントリーNo.3
『イカロスの翼』

フライングタイガーだぜ!
神話の世界でイカロスの翼は太陽に溶かされて消滅したけど、
俺の見えない翼は太陽には溶かされないぜ!

見える翼はすでに溶かされて今落下中だからな!
(見えない翼というものは心の中に存在する一種の概念のようなものだぜ!)


地面にキレイな人型の穴が開いたぜ!


トラウマだぜ!



続いてエントリーNo.4
『スターのオーラ』

スタッシャアアアアア(音)

どうだ!やはりタイガーくらいのスターともなると
アバターもつけてないのに溢れ出るオーラが止まらないんだぜ!

え?100万円?貸してやるよ。

今度時空の都で発売されるタイガーのデビュー曲「枕営業」のCDジャケットにするぜ!


ちなみに種明かしすると実際はこんな状況だったぜ!



ハイリスクだぜ!



そしてラスト、エントリーNo.5
『炎黄一族』

歴史を守る運命を背負った一族、揃い踏みだぜ!
お忙しい中ご協力いただいたぜ!

皆かっこよくキメてるけど現場は意外と和気藹々な雰囲気で
野球をしたり崖すれすれの所にいた月華さんを突き落としたりして遊んでたぜ!

というか思ったより皆ノリノリでちょっと引いたぜ!


ドン引きだぜ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


オーケーベイビー、そういうわけでDJタイガーによるホットでかっこいいSS特集は
これにて終了だぜ!

どうだい?俺の撮影したかっこいいSSにみんなのハートもノックアウトだろう?




ん?どうしたみんな?




吐いているのか?



まあいいぜ!それじゃあ俺はこれからちょっくらハリウッド女優と結婚してくるからよぉ、
みんなもヒマだったら日常のかっこいい瞬間をSSとして切り取って
コレクションしてみるのもいいかも知れないぜ!


じゃあな!次はベガスで会おうぜ!

kakkoii8

PRIDE OF SOUL 公式サイト